1. TOP
  2. 医療脱毛に反動は居残る?

医療脱毛に反動は居残る?

検査脱毛を受けるときに反応が気になるという方もいるようです。
検査脱毛は安全にいただける脱毛なのでしょうか。

検査レーザーで使用するレーザーの灯は、毛髪包に届くレベルなので、五臓六腑や血管、逆鱗などに影響が出ることはありません。
反応として思い当たる変調としては、処理後の表皮の赤み、毛髪膿炎、やけどなどがあげられています。

処理後の赤みは手っ取り早いそれぞれは長時間、遅くても数日で治まることがほとんどです。
表皮のしょうもない奴やトーンが白い奴は長く赤みが残ることがありますが、自然に治まることが多く、気になるときは炎症を止める外用薬を処方してもらうことができます。

毛髪膿炎は、白く膿んですような発疹が素肌に生ずるという変調だ。
これも自然に治まることがほとんどですが、気になる奴は外用薬や内服薬を処方してもらうことができます。

火傷は、レーザーの器量が深く素肌が過度な糧を受けるため出る変調だ。
経験豊富な医者が処理を行うと火傷の気掛かりはなく、仮に火傷の変調が起こってもアッという間に措置を受けるといった問題はありません。
検査脱毛は反応の気掛かりばっか薄い脱毛と言っても過言ではありません。